Persol

2017年01月13日

ペルソール / Persol

 
ペルソール / Persol は1938年にスタートしたイタリアのサングラスブランド。ブランド名はイタリア語で「太陽光線を防ぐ」という意味が込められている。アメリカではレイバンあり、イタリアではペルソールありと言われるほどの有名な話である。


ペルソールは、写真家でアイウェアの技術開発に名の通った技術者でもあった、ジュゼッペ・ラッティが、イタリアのトリノで創業した。ジュゼッペ・ラッティは、ペルソールの創業以前の、1917年にラッティ・オプティカル・インダストリーズ・ソサエティ社を設立、空軍やレーサーのゴーグルなどを製造していた。その後38年改名して、ブランドとしてペルソールがはじまった。

ペルソールは世界で初めてサングラスに強化ガラスやUVカットレンズを採用。その他、技術面ではテンプル(フレームを耳にかける部分)の途中に、柔軟性の高い樹脂を挟み込むことで顔や頭の形に合わせて曲がるフレキシブルテンプルという技術を開発し、特許も取得している。丁番のアローマークもペルソールアイコンとしての象徴。

その技術力に加え、機能性、デザイン性、カジュアルからスーツまで幅広く合うサングラスとして知られ、さまざまな映画で着用されている。

映画「華麗なる賭け」のスティーブ・マックィーンが、ペルソールのサングラスを愛用し話題となり。その他「カクテル」のトムクルーズ、「007」シリーズ、「ターミネーター2」などで使用されている。おしゃれさん御用達アイテムである。


 


Persol